〒780-0056
高知県高知市北本町3-10-47-2F

TEL.088-885-6558

一般歯科

高知市,歯科,歯医者【Dental Office PEACE】インプラント,歯科口腔外科

CONTENTS MENU

  • Q&A
トップページ»  一般歯科

歯周病の治療

歯周病の治療

磨き残しや、噛み合わせ、全身疾患、生活習慣など、日常のあらゆることに起因して、口臭や歯肉(歯ぐき)の腫れ、痛み、出血、排膿、歯の動揺などの症状を呈します。

成人の約8割が罹患していると言われており、無自覚のうちに進行してしまうことも多いので、歯の喪失原因の中で最も多くなっています。定期的に歯科に通って、しっかりケアしていきましょう。

プラークコントロール

歯周病を予防するために、磨き残しを少なくすることが大切です。
歯垢は細菌の固まりなので、磨き残すと歯周病の原因になります。上手に磨いているつもりでも、磨き残しは意外と多いものです。ご自身でされている歯磨きに、ちょっとしたコツを踏まえるだけで、磨き残しはずいぶん減らせます。

一緒にプラークコントロールを始めましょう。


スケーリング(除石)

歯周病を進行させないために、定期的に歯石を除去しましょう。
歯垢を磨き残すと数日で歯石になり、歯ブラシでは落とせなくなります。歯石は元々歯垢なので、やはり細菌の固まりです。歯周病の細菌は空気が嫌いで、歯肉の奥へと増殖し、歯肉や骨が破壊されます。

定期健診と歯科衛生士のクリーニングで、健康な歯肉を保ちましょう。


外科処置

歯周病が進行してしまった歯を残すために、手術が必要になることもあります。
除石は、見えている歯石と、歯肉の奥の見えない歯石と、2段階で除去しますが、見えない歯石を手探りで除去するにも限界があります。
そこで、3段階目の除石として、手術を行うこともあります。

他にも、歯肉の形態を審美的、衛生的に改善するための手術、失った歯肉や骨の再生療法などもあります。

虫歯の治療

歯垢を磨き残すと虫歯が始まりますが、初期の穴が開いていない虫歯は、歯垢を磨き落とし、清潔に保てば再石灰化するので、虫歯の進行を抑えることができます。

要観察虫歯と呼ばれる状態で、歯を削らない方が良いといわれていますが、定期的に検診とクリーニングを受け、注意深く経過観察する必要があります。

充填処置

虫歯で歯に穴が開いてしまうと再石灰化は期待できなくなるので、削って詰めることになります。


抜髄

冷たいものが凍みる、または、痛みがでるほど虫歯が進行してしまうと、歯の神経を抜いて、消毒することが必要になる場合があります。
治療回数や費用が増えますし、クラウン(被せもの、差し歯)にするのが原則になるので、歯をたくさん削らざるを得なくなります。

治療後の歯は免疫が失われますので、細菌が感染しやすいうえに、感覚も無くなるので、虫歯が大きくなるまで気付きにくくなり、血液供給も絶たれます。そうなると歯が脆くなり、破折の危険性が大きくなります。

虫歯を進行させてしまうと、歯の寿命がどんどん短くなるので、定期的に健診を受けて、虫歯を予防、または早期発見、早期治療をすることが大切です。


小矯正・外科処置

歯肉の奥深くまで進行してしまった虫歯や破折してしまった歯は、抜かざるを得ない場合がありますが、部分矯正や歯肉の手術をすることによって、抜かずに済む場合もあります。

歯を失ってしまった方への治療

失くしてしまった歯を、ブリッジや、床義歯(入れ歯)、インプラントなどで人工的に補います。

ブリッジ

ブリッジ

歯を失った部分に隣接する歯を削って、クラウンで架橋する方法です。
一般的には、この方法が最もよく用いられますが、失くした歯の種類や本数によっては、出来ない事もあります。

床義歯

床義歯

いわゆる入れ歯です。
歯を削る量は極僅かで済みますが、床やクラスプ(金属の鉤爪)など、歯以外の構造物が多いので、発音や味覚に多少の影響があります。

インプラント

インプラント

現在の補綴処置の中では最も天然歯に近いのですが、手術を伴う、保険適用外の治療方法です。